ナポリを見たら死ぬ

南イタリア、ナポリ東洋大学の留学記。なお実際にはナポリを見ても死ぬことはありません。

月収エスプレッソ一杯円

 

気がついたら新型コロナの感染爆発でイタリア全土がロックダウンに突入してから一年が経っていました。はるばるイタリアまで留学しに来たのに、もう一年間一度も大学の教室に足を踏み入れていません。新型コロナはクソです。なお、去年の秋頃、中世・ルネサンス思想史の教授が、「今のパンデミック土星山羊座の位置にある影響だから、12月以降状況は改善していく」などと意味不明な発言をしたのですが、案の定占星術は全くもって当てになりませんでした。

ところで僕はもともと、このブログを使って、ナポリでの留学生活について書きつつ、おまけの広告収入で日々のコーヒー代を稼ぐことを目論んでいました。このブログはイタリアにかぶれているので、ここで言う「コーヒー」とは当然エスプレッソのことを指します。さて、イタリアのバールでは、エスプレッソはだいたい80セントくらいに価格設定されていることが多いです。為替レートにもよりますが、大まかに言って100円くらいですね。なので、食後だったり、散歩中だったり、街なかのあちこちにバールがあるので、ふらっと立ち寄って気軽に一杯飲めるわけです。そして僕も多くのイタリアかぶれのご多分に漏れず、しばしばバールに立ち寄っては一杯やるタイプだったので、このブログであわよくば毎日一杯のエスプレッソ代を稼いでやろうと思っていました。まあ、あまり期待はしていなかったにせよ、一日100円くらいならいけそうな気がしますもんね。

ところがこのブログを開設してから今に至るまでの広告収入をもとに計算したところ、僕の月収はおおよそエスプレッソ一杯分に相当することが判明しました。さらに悪いことに、広告収入が引き出せないのです。僕はイタリア在住者としてGoogleAdsenseに登録しているのですが、試しに今までに得た広告収入を引き出そうとしたら、イタリアの銀行口座番号が必要だということを知りました。僕の銀行口座はドイツの口座番号を割り振られているので、貯まったエスプレッソ代はGoogleAdsenseの管理画面にむなしく表示される数字にしかなりません。イタリアの口座を開くことは不可能ではないけれど、様々な手続きや書類を用意するのもめんどくさいし、毎月の口座維持費もかかって余計な出費が増えるだけなので、すべてを諦めることにしました。実質月収ゼロです。本当にありがとうございました。

年上を敬え

古代ローマの哲学者セネカが残した『生の短さについて』”De brevitate vitae”という書簡がある。大学に入学したてのころだったか、初めて読んで以来ずっと座右の書で、しばしば読み返したり、語学学習にも活用してきた、僕にとっては欠かせない一冊である。というのも、最初は当然日本語で読んだわけだが、語彙を増やすためにイタリア語訳で読んでみたりもしたからだ。文庫でせいぜい数十ページしかないので、あまり気構えずに手に取れるのもよかった。そして今回、ラテン語の学習も兼ねて、原文のラテン語で読むことにしたわけだ。

この本は何度読んでも味わい深い。短い書簡ではあるのだが、決して内容が薄いということはなく、むしろ単語の一つ一つまで頭に刻み込んでおくべきだと言っても過言ではない稀有な書である。2000年前の賢人の言葉が、今日に至るまで時の試練を耐え、失われることなく連綿と受け継がれてきたのは、やはりそこに深い洞察と、よりよく生きるための手がかりがあるからに他ならないだろう。

内容は簡潔に言えば、「人生は浪費すれば短いが、活用すれば偉大なことを成すのに十分なほど長い」、ということである。くだらない飲み会やら、情欲やら、取るに足らない用事やら、長期に渡って実現するかもわからない計画を練ったりすることやら、ともかく無意味なことに時間を浪費するな、とセネカは説く。そして、もっと有益なこと、特に過去の偉人たちの声に耳を傾けることで、精神を修養せよ、と。そうすれば人生は十分に長くなるのだから。

というわけで、僕が気に入っている段落をひとつ、引用してみよう。

Non est itaque quod quemquam propter canos aut rugas putes diu vixisse: non ille diu vixit, sed diu fuit. Quid enim, si illum multum putes navigasse quem saeva tempestas a portu exceptum huc et illuc tulit ac vicibus ventorum ex diverso furentium per eadem spatia in orbem egit? Non ille multum navigavit, sed multum iactatus est.

誰かに白髪やしわがあるからといって、その人が長く生きたと考えてはいけない。長く生きたのではなく、 長く存在したに過ぎないからだ。たとえば、港から出たばかりの船を激しい嵐が襲って、四方から吹き散らす風に押されて、同じところをぐるぐると回ったとしたら、その人は長く航海したと言えるだろうか。それは長く航海したというわけではなく、大いに翻弄されたに過ぎないのだ。

世の中には「年上を敬え」などと威張り散らす”年上”の方々が少なからずいるが、年上であることを理由にふんぞり返るような輩は、「長く存在した」ことしか誇るものがないような輩なのである。年の数が増えれば無条件で尊敬と年の功がついてくると勘違いしたたわけ者に遭遇したら、この言葉を思い出して心の中でマウントを取ろう。

『ガリア戦記』を読む

あまりにも有名なので説明するまでもないと思うが、『ガリア戦記』はローマの軍人だったユリウス・カエサルが、ガリア戦争への遠征記録を自らの手で書き記したものである。3月からラテン文学の授業があるので、最近おろそかにしていたラテン語に触れておくために、これを手にとったわけだ。

f:id:RomoloJPN:20210210034207j:plain

イタリアにはRizzoliという出版社があり、そこが出しているBURという文庫シリーズで各種古典文学を安く手に入れることができる。ほかにも似たような文庫はあるのだが、僕の持っている『ガリア戦記』はBURのそれである。そしてラテン語や古典ギリシャ語の作品は対訳になっているものが多い。写真も、左のページがラテン語、右がそのイタリア語訳になっている。これが僕のような学習者にとっては便利で、原文で躓いたり理解に自信のないときはすぐに対訳を参照できるのがありがたい。まあ、日本の古典も原文と現代語訳が対訳になっていたりするので、似たようなものだろう。しかし油断していると、いつの間にかずっと対訳だけを読んでいるということになったりもするので気をつけなければいけない。

とはいえカエサルラテン語は比較的易しいので、そこまで困ることはない。ラテン文学は紀元前1世紀から紀元後1世紀がおおまかに言って黄金時代で、古典ラテン語で書かれた文学の最盛期とされるのだが、この時代のヴェルギリウスオウィディウスキケローなどと比べれば、同時代のカエサルは一番読みやすい部類なのである。そもそも散文で書かれているのでわかりやすいということもあるが、背景がわりと明確であることも読解を容易にしてくれる。つまり、『ガリア戦記』などはカエサルの戦争の記録なので、その背景を踏まえると必要な語彙も比較的限られてくる。そんなわけで、高校などでラテン語を学ぶ生徒が最初に読まされるラテン語作品はしばしばカエサルが使われるらしい。カリキュラムについて、詳しいことはわからないが。

ともかく、実際に読んでみると、『ガリア戦記』はわかりやすい。まず、主語がよくわからなければとりあえずカエサルが主語だろうと推測して読めばたいていなんとかなる。単語の意味がわからなくても、殺戮とか城塞とか戦争に関わる物騒な単語だと文脈から想像がつきやすい。その文脈にしても、ガリア人の〇〇族がカエサルのもとへやってきて□□と言った、カエサルはXXと返答した、というようにある種定型的なものが多い。わりとよく敵を撃破したり撃破されたり、人質をとったりとられたりしている。そういう意味でカエサルは読みやすい。おすすめです。

イタリアの公的医療保険SSNに加入する

全く面白い話ではないのだが、前回の記事から約3ヶ月に渡り何も書いていないので、たまには更新してこのブログがまだ生きているということを全ワールド・ワイド・ウェブに対してアピールする。

イタリアには日本の国民健康保険にあたる、SSN = Servizio Sanitario Nazionaleという公的医療保険制度がある。イタリア国民は誰もが無料で加入している制度なのだが、外国人居住者であっても一定金額さえ支払えばその恩恵に与ることができる。そしてこの制度に加入すると、公的医療を無料で受けられるうえに、「かかりつけ医」というものを選択することで、何か病気をしたときには受診できるようになっている。僕は今日、ASLと呼ばれる地域の保健局の窓口で加入手続きをした際に、家から150mくらいのところの医者をかかりつけ医として選択した。お腹が痛くなったりしたらこの先生のお世話になるのだろう。ちなみに電話で往診を依頼することもできるらしい。これが全部無料なのだからイタリアの公的医療保険制度は意外と頑張っている。

さてこのSSNに加入しようと思う方がこのワールド・ワイド・ウェブ上には存在するかもしれないので、自らの備忘録も兼ねて、手続きについて記しておく。

まずは必要な書類を用意する:

  • パスポートおよびそのコピー
  • 滞在許可証およびそのコピー。滞在許可証申請中であれば、郵便局から渡される半券。
  • Codice fiscaleおよびそのコピー。Agenzie delle Entrateでもらえる。
  • Autodichiarazione di residenza。居住地の自己証明書類。ググるとフォーマットが見つかる
  • (学生であれば)在学証明書
  • 保険料を振り込んだ際の領収書

保険料は学生の場合149.77ユーロだが、自営業者などは所得によって変わる。振り込みはBollettino postaleで行う。振込先は地域ごとに異なるが、ネットで探せば出てくるだろう。

さて書類の用意が済んだら、自分の地域のASLの窓口へ向かう。そのためには自宅の住所がどこのASLの管轄区域にあたるのか確認しておく必要がある。

あとはASLの窓口でSSNに登録したい旨を伝えれば手続きしてくれるはずだ。ここでMedico di base=かかりつけ医を選ぶことになるのだが、特にこだわりがなければ「家に近い医者にしてくれ」と言えば良いし、女性の先生がいいとか、若い先生がいいとか、要件があるのなら事前に調べておくことをおすすめする。友人は事前に医者と面談してかかりつけ医を決めたと言っていたので、こだわるならば医者に連絡してもいいだろう。

登録がすめば仮のTessera sanitaria = 保険証としてA4一枚の登録証明書のようなものがもらえる。これさえあれば一応かかりつけ医に診てもらうことはできるらしい。Tessera sanitaria自体は一ヶ月以内に自宅へ郵送される。

日本語学徒は変わった人が多い

これは全くもって個人的な偏見なのだが、日本語の学生は変わった人が多い。もちろん悪意はない。

僕個人の感覚的な調査結果では、日本語を勉強しているとか、日本に興味がある、というイタリア人学生はおおまかに3つのカテゴリーに分けられる。まず、黒澤明だったり、茶道だったり、俳句だったり、大雑把な言い方ではあるが、“日本の伝統美”に惹かれている学生である。次に、現代日本の文学に興味のある学生だ。この場合、彼らが日本に関心を持ったきっかけはなぜか吉本ばななであることが多い。そして最後に、言うまでもなく日本語を学ぶ学生の大多数を占めるのが、アニメ・漫画好きである。

この第三のカテゴリーはさらに2つの下位カテゴリーに分類することが可能である。ひとつは、ドラゴンボールキャプテン翼など、日本でも誰もが名前くらいは知っていて、かつイタリアでもテレビで放送されていたようなアニメでなんとなく興味を持った、くらいのカジュアルな層である。もうひとつは、ここからさらに踏み込んで、ディープな世界に踏み込んだ人たち、言い換えればアニメ・漫画オタクと化した人々だ。もちろん、彼らがアニメ・漫画に興味があるという事実それ自体は悪いことではないのだが、僕は個人的にはアニメ・漫画に大した情熱も興味もないタイプの人間であるため、『NARUTO』であればナルトがイジメを受けて一人寂しくブランコに乗っているごく初期のシーンしか知らないし、『ドラゴンボール』であれば戦闘力53万がどうやら恐ろしい数字であるらしいことくらいしか知らないので、僕が日本人であるという理由でアニメ・漫画の話題を振られると少し困ってしまうのである。ブラックジャック』『はだしのゲンの話題ならかかってこい、という構えはあるのだが、どうやらイタリアには学校の図書室でこれらの作品を読む文化はないらしい。

さて、どうしてこんなことを書くのかというと、実はつい最近、大学で日本語を学んでいる僕の知り合いAと話す機会があったからだ。なんでも、彼女自身の言うところによれば「入学して日本語を学び始めた頃は、本当にコース選択を間違えたと思った」そうである。なぜなら、「髪の毛を青や緑に染めていたり、変な制服を着ていたり、とにかくアニメの世界から飛び出してきたかのような同級生ばかり」で、「自分を含めてごくわずかしかまともな学生がいなかった」からだという。すごくよくわかる。たしかに、“変わった人”に限って日本語の学生なんだよな。繰り返すが悪い意味で言っているのではない。しかし、いまになって彼女の発言を思い出してもニヤニヤできるくらいには面白い。

しかし、そんなAも結局はコースを変えることもなく、大半の科目の試験を終え、残るわずかな科目さえ済ませれば晴れて大学を卒業となる。そして、残されている科目というのは日本語である。どうにもAは日本語が苦手らしく、「最後の最後まで試験を残してしまった」のだそうだ。まあ、ポジティブに捉えれば、いまや日本語の勉強だけに集中することができるのだから、コツコツやればいいじゃないか、などと思いながら話を聞いていると、Aはこう切り出した。「ねえ、私の代わりに試験受けてくれない?」。もちろん冗談だと思った僕は、「そうだねぇ〜いきなり30点(イタリアの大学の試験は30点満点である)だと怪しまれちゃうから、24点ぐらいに調整してあげるよ」などと冗談めかして請け負った。そして結局、その日はそれ以上この話題が続くことはなかった。

しかし数日後、僕の彼女を通じて(Aは僕の彼女の友人でもある)、Aが本気だったことが明かされる。彼女のもとにAは「もしかして本当に代打で試験受けてくれないかな?」などとメッセージを送ったのである。コロナ禍にあって日本語の筆記試験も遠隔で行われるので、「カメラで私だけ映るようにするから、画面に映らないところから答えをサジェストしてほしい」というのだ。お前は一体何を言っているんだ。たしかに、Aはすでに「もう数えるのもやめた」と言うくらいに日本語の試験に落第しているし、僕もそれを知っているから助けてもあげたいし、気持ちはわからないでもないが、だめなものはだめだ。助けるにしても、こんな間違ったやり方で助けるわけにはいかない。ということで、丁重にお断りさせていただく。しかし君、自分はごく少ないまともな学生の一人だったと言った口で一体なんというお願いをしてくるのか。