ナポリを見たら死ぬ

南イタリア、ナポリ東洋大学の留学記。なお実際にはナポリを見ても死ぬことはありません。

イタリア地理の最終試験の口頭試問でどもりまくってきた

27点だったとんでもないバカだと思われるかもしれないが、イタリアの大学の試験は30点満点なのでそこそこ悪くない点数だ。ここ数週間、この地理の試験のために散々振り回されていたから、これでようやく肩の荷が下りた。でも口頭試問は心臓に悪い。

科目にもよるが、イタリアの大学の試験は基本的に口頭試問で行われる。まあ、面接のようなものだ。教授に呼ばれ次第、その面前に座って、与えられた質問に答えていく。最悪だ。どう考えても最悪だ。口頭試問という形式だけでも極めて不安を煽り立てるのに、おまけに僕などは外国語でやらねばならないのだから緊張感は尋常ではない。加えて今回が口頭試問デビューだった僕の心境はお察し頂きたい。もちろん、外国人だけでなく現地人学生にとっても口頭試問は鬼門だ。「前に呼ばれた学生が泣きながら戻ってきた」とか、「答えられなさすぎて教授に詰め寄られた」とか、恐ろしい噂話にも事欠かない。

実際、今日の口頭試問もひどいものだった。そもそも学生が50人はいるのに、試験官が教授とそしてアシスタントの合計2人しかいない。1人あたり少なくとも15分はかかるから、単純計算でも最低6時間はかかる。しかも、途中で休憩を挟んだり教授がどこかに消えたりするものだから余計に時間がかかる。僕自身、呼び出されたのは試験開始から5時間半経った頃だった。それでも、僕のあとに20人近くが残っていた。効率が悪すぎる。せめて学生をグループ分けして別の試験日を設定するとか、何かしらの知恵を見せてほしい。

f:id:RomoloJPN:20200204001942j:plain

さらに悪いことに、今日の口頭試問は大教室で行われた。後ろでほかの学生が待っているなか、口頭試問を受けなければならない。つまり、場合によっては公開処刑となる。実際、僕が待っている間にも、先に呼ばれた留学生が教授になじられるのが聞こえてきた。「いや、それじゃさっきと言っていることが一緒じゃないですか?!」「わかりますよ、言葉の問題があるのはわかります。ですがそれとは別問題ですよ、これは」「学部の勉強だったらそれでもいいですけど、修士なんですからねぇ・・・」等々。面と向かって非難されている本人のみならず周囲まで凍りつく。勘弁してくれ。

そして学生が一人ずつ試験を終えるたびに、皆でどんな塩梅だったか質問攻めにするのだが、先に行った留学生から恐ろしい返事が帰ってきた。「何もかも根掘り葉掘り聞かれた」というのである。嘘だろ?というのも、年明けに教授に試験へのアドバイスを求めに行ったところ、「留学生は授業で扱ったものの中から一つ好きなテーマを選んでも良い」という回答を得ていたからだ。もちろん授業で扱ったことについて全体的かつ一般的に知っている必要はあるが、深めるものを一つ選んでこい、という話だったはずなのに、何もかも全部根掘り葉掘り聞く。だまし討ち以外のなんでもない。僕の緊張感はますます高まっていく。

試験開始から5時間半後、ようやく僕の順番が回ってくる。この時点で僕はもう憔悴しきっている。ありえないくらい待たされた上に、公開処刑やだまし討ちによる緊張感のせいだ。ともかく、僕は教授の前に腰を下ろし、試験が始まる。

イタリアの『州』について話してください

「えっ・・・んーーああ・・・・・・」この時点で死を覚悟する。「ま、州というのは、ぎょ、ぎょ、ぎょ、行政区分の一つで、国家の下かつ県の上に位置するものです。イタリア統一直後には州を作ろうということがすでに考えられていて、考えていたのは、ルイージ・・・ルイージ・・・ルイージ・・・すみません覚えていません」。全然考えがまとまらない上に、教授の「何を言っているんだ、こいつは」という突き刺すような視線に耐えきれず素直に白状する。そもそも僕がまともにやったのはツーリズムについてだから州について詳細の詳細までは覚えていない。

「いずれにせよ、行政区分としては統一直後には考えられていたものの、実際に作られることはなく、区分、ぎょ、く、、、区分、行政区分として!!!成立するのは、戦争・・・、、、第二次大戦後、でした、はい!憲法第五条によって1948年に制定されますが、実際に行政、行政区分として成立したのは70年代でした、共和国憲法第五条によって!」教授が怪訝な顔をしている。何か間違ったことを言ったか?ええい、ままよ。

結局、そんな調子で、知っていることをどもりながら適当に言い放ち、教授から冷たい視線を浴びせられるということを繰り返していたら、教授が口を開く。

「27点」。

「えっ!?」

「よろしいですか」。

「いや、もっと低いかと思っていました」。

「そんなことはありませんよ、イタリア語もよろしいし」。意外と寛大だった。それなら無駄に緊張感を煽るような視線を送らないでくれればよかったのに。

日本人はアンダーヘアの処理をすべき

ぼくはパイパンだ。

ふざけているわけではない。大真面目だ。ぼくはパイパンだ。言い換えれば、ぼくは陰毛をすべて剃っている。何なら、ついさっきシャワーついでに剃ってきた。そしてぼくが言いたいのは、みんなアンダーヘアの処理をすべきだ、ということだ。

なにも、完全にすべて剃れというのではない。しかし、ボーボーで自然なままにしておくのはいただけない。せめて短くするとか、余計な部分は剃るとか、そういうことをしてほしい。そのほうが清潔だし、見た目も良いだろう。

ぼくはもう5年くらい無毛だ。あるとき、なんとなく全剃りして以来、その快適さの虜になってしまった。見た目も悪くないし、何より蒸れない。特に夏場、毛がボーボーだと蒸れるだろう。それがなくなる。それだけでもアンダーヘアを処理するメリットがある。

アンダーヘアの処理はイタリアではかなり一般的だ。ジムのシャワールームでも、たいていの人は短く処理している。別にジロジロ観察してるわけではない。ちらっと見るだけだ。ともかく、手入れをすること自体がわりと普通なのだ。というか、処理をしていないと不潔だと思われるだろう。

ところでぼくのイタリア人の彼女は、ぼくが日本人なので、そこには「森があるかと思ってた」らしい。そして、もしも毛がボーボーだったら「丁重に剃るようにお願いした」だろうと言う。丁重に。いずれにせよ、ここイタリアでは陰毛がボーボーなのは好まれない。たいてい、男も女もちゃんと処理している。

一方で、日本では陰毛処理は未だに一般的ではない。ぼくが出国して以来急激にトレンドが変化したのでなければ、日本人の陰部はまだまだジャングルだらけだろう。無毛とはこんなにも快適なのに。なぜなのか。それに、ぼくはイタリアのシャワールームでは何も問題なく過ごせるが、日本の温泉施設ではそうはいかない。視線が集まるのだ。温泉に入るとき、ぼくの無毛地帯に目を向けられることがしばしばある。「なんだこいつは、なんで生えてないんだ」という驚きが見てとれる。ぼくは言いたい。むしろ自分の陰部を見て疑問を覚えてくれと。そして清潔にしてくれと。

滞在許可証の申請で疲れ果てた

 

www.napoli-muori.com

 滞在許可証の発行申請は郵便局から行うのだが、昨年9月半ばに申請をしてから4ヶ月、ついに移民局への出頭日がやってきた。

指定されていた時間は11時半だったのだが、余裕を持って少し早めに行ったところ11時についてしまった。まあ、早く来た分には良いだろうと思ったが、ここで重大な事実が判明する。なんと予約時間には何の意味もないのだ。結局、移民局の入り口で整理券を受け取り、自分の番号を待たなければならない。ぼくは99人待ちだった。この時点でもうすでに帰りたくなる。

待てど暮らせどなかなか順番は回ってこない。1時間に30人ちょっとしか進まないので、「まあ14時くらいには・・・」などと計算しては絶望していた。3時間近くがたち、ようやくぼくの順番が回ってこようかというタイミングで、「一旦締めますから皆さん外に出てください!!」などと係員が言い出した。お昼休憩である。そんなわけで待合室にいた全員が外に追い出され、ぼくは40分ほども余計に外で待つことになってしまった。

お昼休憩が終わると、ようやく順番が回ってきた。ぼくは窓口へと向かい、用意していた申請書類を提出する。係員がぼくの書類をチェックしていく。デュエルスタンバイ!さっそく、係員は「これ、原本ですけどコピーが必要なんですよ」などとわけのわからないことを言い出す。なんでも、召喚状には原本が必要とはっきり書かれていた大学の入学書類と保険書類はコピーが必要なのだそうだ。一体コピーが必要だなんてどこに書いてあったんだろうな?ともかく、たまたまコピーを取っていたのでそれを差し出す。すると今度は、「この保険、期限が去年の8月ですけど・・・」などと言う。よく見ると、それは保険の期限ではなく領収書の発行日である。「いや、それは領収書の日付で、期限はこっちですよ」と正しい日付を示すと納得してもらえた。このあたりからぼくの緊張感が高まってくる。こいつ、やばいぞ。いちいちケチをつけてくるタイプの係員だ。たのむ、どうにか上手く行ってくれ・・・!そんなぼくの思いをよそに係員は斜め上を行く「住居の証明書類はありますか?契約書類でも受け入れ承諾書でも、何かしらの」。は?いや、持ってるわけねえだろ!「いや、ないですよ!そんな書類が必要だなんてどこにも書いてないじゃないですか!」「でもね、我々としては必要なんですよ」「いや、だから!ウェブサイトにも召喚状にも必要書類として記載されてないじゃないですか!一体なんの根拠があってそんなものを要求するんですか!」「必要なんですよ」。埒が明かない。絶望的な気持ちで念の為持ってきた書類を確認してみると、あった。コピーが一部だけ。「これでいいですか!?」半ばキレ気味で書類を差し出す。「構いません。ただ、コピーがもう一部必要です」。こいつはバカか?「いや、コピーなんてないですよ」「じゃあコピーしてきてください」「どこで!?」「外でもどこでも」。ぼくのイライラは頂点に達する。「あのねぇ、そもそも必要書類として知らされてないんだから、コピーなんてあるわけないでしょ。一体どんな根拠で書類が必要なんですか!?」「だから、必要なんですよ」。もう堂々巡りになっている。しかし外でコピーをしてこいなどと言われてもどこにコピー屋があるかもわからない。一方で書類を出さないことにはこの石頭を納得させることはできない。「・・・じゃあせめて、書類のコピーくらい中でやってくれませんか」「いいですけど、多すぎるから一部しかコピーしませんよ」。初めからそうしろよ。おまけに多すぎるって言ってもせいぜい10枚だぞ!どんだけ怠けてやがる。ところが係員はさらに一歩踏み込む。「それとも、ほかにコピーをお持ちなら、これをそのまま出してもらっても構いませんよ」。言われてみればそれもそうだな。たしかにぼくはPDFのデータを持っているからこれを渡したところで困らない。でも、君どんだけ立ち上がってコピーしたくないの?ともかく、ようやく窓口の係員とのデュエルが終わる。次は指紋の採取だ。そのうち呼ばれるから、別室で待っていろと案内される。

そしていつまで経っても呼ばれない。おお、もう・・・。石頭のくそ係員とのデュエルから1時間、この時点で合計5時間近くを移民局で過ごしている。もう帰りたい。おまけに、配達を明日に指定したAmazonの宅配がなぜかぼくの家の前まで来ているらしい。配達員から電話があり、「誰もいないんですか?」などと言う。そりゃあ配達指定日は明日だからな。いるわけねえだろ!

そうこうしているうちに、ようやく、指紋採取のために呼び出される。ぼくと、アジア系の女性が二人同時だ。指紋採取を担当する係員がぼくらの名前を確認したあと、ぼくに向かって言う。「この中国人、本当に何もわかってないから、彼女を先にやるよ」。ひどい言い草に思わず苦笑いしてしまう。いや、たしかにその中国人女性はイタリア語がわからないようで、通訳を介して会話していたが、そこまで言う?まあ、唯一気になったのは、その女性が最近流行りの電動キックボードを乗り回していたこと。移民局の中で。さすがに自由過ぎる。

彼女の指紋採取が終わり、ぼくの順番がやってくる。指紋だけではなく、身体的な特徴も記録する必要があるらしく、係員が何やらパソコンに打ち込んでいる。係員が無言で入力するのを黙って見続けること数分、「君、身長いくつ?177cmかな」。あまりにも唐突な質問のうえ、大きく身長を読み違えている。実際にはギリギリ170cmなのに。「いや、もっと低いですよ」「175cmか?まあいいだろう」。いいのか。

結局、指紋を全部取られてようやく手続きが終わった。このあと、40日以内には滞在許可証が発行されて受け取れる、というのが一応の規定だが、もちろんそんなに上手くはいかないのだろう。ぼくとしては、許可証の期限である7月までに受け取れるかどうか怪しんでいる次第である。

イタリア古典文学の教授に会ってきた

 

www.napoli-muori.com

 先日、イタリア古典文学のC教授のもとへ行ってきた。12月初頭に受けた筆記試験の結果を知る必要があったからだ。

たぶんイタリアの大学はどこもそうなのだろうと思うが、オリエンターレことナポリ東洋大学では教授ごとに面会時間というものが指定されている。たいてい、週に一度2時間程度が設定されていて、その時間に指定の研究室へ行けば教授に会ってお話ができるというシステムだ。

C教授は授業中たびたび、「よかったら皆さんお話にきてくださいね」「特に留学生の皆さんはわからないことも多いでしょうから」などと積極的に顔をあわせることを要求してきていた。というか、C教授はとにかくフェイス・トゥ・フェイスのコミュニケーションを取りたがる。フルタイムで働いているので授業に出席できない学生が、事情を伝えてメールで質問をしたところ、「ぜひ会ってお話しましょう」などと言われたというのである。いや、フルタイムで働いてるんだから無理だって言ってんだろ。

そんなわけで、意地でも面と向かって話がしたいC教授と、どうしてもテストの結果を確認しなければならない僕との間で初めて利害が一致したため、僕は指定の時間に研究室へと足を運んだ。

研究室に入ると教授はいきなり不機嫌な様子である。「テストの結果を見せていただきたいのですが・・・」と要件を伝えると、「構いませんが、事前にメールで連絡してくださいね」などと言われてしまった。基本的に面会時間というのはアポなしで行って構わないもののはずなのだが。散々会いに来いと言っていたくせにいざ会いに行くと文句を垂れる。めちゃくちゃすぎる。

ともかく、僕の筆記試験の結果を聞いてみると、ありがたいことに30 e lodeだった。イタリアの大学の成績は30点満点で、よくできている場合にはさらにlodeがつく。lodeとは「賛辞」の意味だが、要するに優秀ということだ。まあ、留学生だから下駄を履かせてもらったおかげみたいなところもあるので、満点なんてもらってもいいのかあまり自信がないが、ともかくこれで口頭試験が免除になった。ありがとうC教授。

さて、無事満点が確認できたのでさっさと帰ろうと思うのだが、C教授が僕を足止めする。「授業のどんなところがよかったか聞いてみましょうか」などと僕に質問してくる。ぶっちゃけ、教授の話、脱線しすぎでしばしば意味不明だったんだよな、などと思いつつ僕は適当に答える。「そうですね、ダンテの『神曲』が彼の他の作品とどのように結びついているか、というのは興味深く学ばせていただきました」などと言ってみるのだが、教授は明らかにうつむいてスマホでメッセージを書いている。お前、話がしたいってあれだけ言っといて人の話を聞かねえのかよ!僕の発言が終わると一瞬の沈黙があり、なんだかぎこちない形で適当に話を切り上げられてお別れとなる。点数をくれたのは感謝するけれど、教授の態度おかしすぎるぞ。

大晦日にナポリのアダルト映画館へ行ってきた

 

明けましておめでとう。前回の記事から2週間が経ち、メリークリスマスも言わないうちに正月三が日もすでに終わってしまったが、明けましておめでとう。年末年始にかけて友人がナポリに遊びに来てくれたので、ナポリ近郊の観光をしたり、それからギリシャ旅行をしたりといろいろと楽しく過ごしていたのだが、それゆえにブログをなおざりにしてしまった。

ともかく、僕は友人とともに、大晦日アダルト映画館へ行ってきた。一応弁明しておくが、どうしても行きたくて行ったわけではない。大晦日でどこも店は開いていないし、友人は数度目のナポリ観光だから見どころは制覇しているし、住んでいる僕にとってはなおさら、今さら観光すべきところもない。

しかし大晦日の昼下がり、年越しイベントまではまだ時間がある。暇つぶしのコーヒーを済ませた僕らは途方に暮れていた。「どっか面白いところないの?」と友人が僕に聞く。「う〜ん、入ったことはないけど18禁の映画館があるよ」。僕たちは映画館に足を運ぶことにした。

映画館の場所

もしかするとナポリ観光の折にこの映画館を訪れたいという人がいるかもしれないので、ここに地図を貼っておく。メトロのToledo駅から歩いて2分くらいのところにある、"Agorà"という映画館だ。大晦日アゴという名前のこの世の終わりみたいな18禁映画館に踏み入れた翌日、僕はアテネアゴラというヨーロッパ世界の始まりの地に立つことになるのだが、アテネの素晴らしさについてはまた別の機会に触れよう。

 

映画館ルポ

f:id:RomoloJPN:20200105214641j:plain

外観

映画館の外観はまるでいかがわしさを感じさせない。むしろ、ファシズム建築のビルの一階部分にあるので、極めて無機質な印象を受ける。しかし一度入り口のドアをくぐると薄暗いチケット売り場が大量のポルノ映画のポスターと共に現れる。いかがわしいことこの上ない。

 

f:id:RomoloJPN:20200105214556j:plain

Un capodanno del cazzo

チケットは6ユーロ。毎朝9時半から23時まで営業している。その間、アダルト映画がノンストップ上映され続けるので、居ようと思えば6ユーロで一日過ごせる。僕は30分も持たずに逃げ出したけど。

すごいのはチケットを買ったときにもらったレシートだ。”Un capodanno del cazzo"などと書かれていて、うまく訳せないのだが、ファッキン・ニューイヤーのような意味になる。大真面目なレシートにこんな字面が登場するのがおもしろい。

ともかくチケットを買うとホールのある地下へと案内される。ここから空気が変わる。僕と友人はそれまでヘラヘラしていたのだが、地下へ降りた瞬間に"殺気"みたいなものを感じて言葉を失った。極めて薄暗い空間なのだが、2〜3人の男たちが徘徊しながら明らかにジロジロと見てくるのがわかるし、アダルトビデオの爆音が響いている。廊下を挟んでいくつか部屋があり、それぞれでビデオが上映されているのだ。ただし部屋を区切る扉のようなものがないので、各部屋のビデオの音がダダ漏れになっていてやかましくてかなわない。

興味本位で僕も各部屋を徘徊してみたのだが、その間も明らかな視線を感じ続けていた。というか「あいつは中国人か?」などと囁く声まで聞こえてきて様子がおかしい。視線が鬱陶しいので適当な部屋に逃げ込んだら、そこではゲイビデオが上映されていた。「おぉ〜ちゃんとゲイ向けの上映もあるのか」と感心したのも束の間、よく見ると暗闇のなかで鼻息を荒くしたおじいさんが自慰行為に耽っていた。僕は慌てて部屋を出た。

気を取り直してヘテロセクシュアルなビデオが上映されている部屋に入り、1990年代くらいの古いビデオを真顔で観ていると、僕の近くに白髪交じりのおじさんが腰掛けた。そしておもむろにズボンを下ろし、一物をいじり始めた。僕はもう驚かない。この映画館はたぶんそういう場所なんだろうと納得し始めていた。古すぎるビデオ、隣で自慰するおっさんを交互に真顔で見ていると、僕の友人が「早くここから出よう」と鬼気迫った様子で声をかけてきた。「なんか知らないおっさんに触られた」というのである。僕としては隣のおじさんの行く末を見たい気持ちもあったのだが、しかたがないので映画館を後にした。今思えば「深淵を覗くとき」云々というニーチェの言葉そのものの状態だったのかもしれない。あのままあの場に残っていたら僕も何をしでかしたかわからない。