ナポリを見たら死ぬ

南イタリア、ナポリ東洋大学の留学記。なお実際にはナポリを見ても死ぬことはありません。

教授とコーヒーを飲みに行った話

教授のことはちょうど一年前に授業を受け始めた頃から知っているのだが、修論の指導も全てオンラインだったので、今日はじめて対面で会うことになった。ちょうど今日から大学が再開し、教授の授業が終わったら会いましょうという話になったのである。加えて、修論校閲をしてもらうために、僕の原稿を渡す必要があったのだ。

そんなわけで大学にて初面会し、「おっ教授、思ったより身長低いな」などと思っているうちに、近くのバールへと連れて行かれた。コーヒーでも飲みながらお話しましょう、というわけだ。教授はしっかりとスーツを着込んでいるのに、青地に大きく白文字でITALIAと書かれた、サッカー部の高校生が使いそうなリュックを背負っているのが面白い。

コーヒーを飲みながら世間話をしつつ、ちょっとした事情があり、修論の口頭試問の前に一時帰国しなければならないということを相談させてもらう。修論校閲は今週にも終わらせてメールで送るから安心しなさい、卒業については何も心配いらない、と優しい教授。コーヒーも奢ってくれるし、教授はやっぱすげぇや。

さて、そろそろ電車の時間なのでお開き、という段になって、教授は意味不明な発言をした。
「君、飛行機で荷物は預けるんですよね」
「はい、もちろん」
「じゃあ、お金払いますよ、今」
「え?」
「鋏を買ってきていただきたいんですよ」
「あ、ああ。鋏ですか?」
「日本の鋏は切れ味が良いって評判を聞いたんです。僕はもみあげとかヒゲを切るのに鋏がほしくて」
「・・・ご予算は?」
「50−60ユーロくらいで。今お金渡しますよ
「い、いや、こうしましょう。日本に帰ったらちょっと探してみますから、適当に見つけて連絡します」

ということで僕は教授のために鋏のお土産を買うことになった。6000ー8000円くらいの予算でそんなにいい鋏は買えるんだろうか。

僕の家、家ではなく倉庫だった

今朝、移民局へ行って、滞在許可証の更新手続きをした。そこで、窓口のポリスマンに、「きみ、住民登録してないよね?住民票がないと更新はできないよ」と言われてしまった。

イタリアに住むためには、まず何よりも滞在許可証が必要なのだが、それが入手でき次第、自分の住んでいる地域で住民登録をしなければならない(らしい)。ところが、2年前から住んでいて、まもなく滞在3年目に突入するタイミングで滞在許可証の更新が必要となる今のいままで、住民登録をしていなかった。というのも、住民票が必要になることもなく、また前回の更新手続きでは何も言われなかったからだ。しかしじつを言うと、去年の暮れ頃に、必要な書類をすべてそろえてしかるべき窓口に住民登録の申請をしていたのだが、僕の申請は全く相手にされなかったのか、どうやら僕は今日の今日まで正式な住民ではなかったようである。

そんなわけで更新手続きは住民票を提出するまでは保留扱いとなってしまった。住民票がなければどうにもならないので、移民局から帰宅した僕は必要な書類を揃えたうえで、今度は区役所へと足を運んだ。そこで、窓口のおじさんに、「去年の12月にメールで申請したんですけどなんにも音沙汰なかったんですよね」などとボヤいてみると「なんで今まで連絡しなかったの!?」などと怒られた。たしかに、一理ある。でも自分たちが連絡をよこさなかった事実は棚上げしてるよね。自分たちの仕事ぶりが雑なのは認めてほしいな。

そしてここで僕の家が倉庫であることが判明する。住民登録のため、おじさんは僕の住所など必要な情報をシステムに入力していくのだが、システムで我が家の登記情報を確認した彼は「これ家じゃなくて倉庫だからこれじゃ住民登録できないよ」などと言うのである。は?見るとパソコンのスクリーンには物件の種類が記載されていて、それが"C2"となっているのだが、このコードは「倉庫・物置」を表すのだそうだ。もちろん実態としては人の住める(というか住んでいる)アパートなのだが、書類上は完全に倉庫である。でも、やっぱりそうだったか。薄々気づいていたんだよな、「これ倉庫だろ」って。

 

www.napoli-muori.com

去年の記事にも書いたのだが、今のこの部屋にはまともな窓がない。日当たりもほぼゼロである。そんなわけで構造的にもともと人の住居として考えられていたとは思えない。 だから倉庫として登記されているのはとても納得がいく。おそらく、本来ここは物置として利用されていたのだろう。それを改装して、極めて日当たりの悪いアパートをこしらえたものの、登記情報は変えずに放置した、といった具合に違いない。というわけで、僕の家は倉庫です。ちなみに住民登録ができなかったので滞在許可証の更新手続きも進められません。どうすんだこれ。

"De amico mortuo" 『死せる友について』

Ablatus mihi Crispus est, amici,

pro quo si pretium dari liceret,

nostros dividerem libenter annos.

Nunc pars optima me mei reliquit,

Crispus, praesidium meum, voluptas,

pectus, delicias: nihil sine illo

laetum mens mea iam putabit esse.

Consumptus male debilisque vivam:

Plus quam dimidium mei recessit.

私のクリスプスが奪われた、友人たちよ、

もし、彼に値段がつけられるのなら、

喜んで私の寿命を分け与えるだろう。

今や私の最も尊いものが私を置いていってしまった。

クリスプス、私の拠り所、喜び、

心、大切なもの――あの人がいなければ

私の精神はもう何も喜べまい。

うちひしがれて、弱々しく生きていく――

私の半分以上が失われてしまった。

(Anth. 445)

最近全く更新していなかったが、今日、ちょっといい詩に出会ったので、更新がてら書き残しておく。5世紀から10世紀くらいに書かれたと思われる、著者不詳の詩である。なお、題名には「友人」とあるが、(とくに現代の我々の感覚からすると)かなり親密な表現であるので、単なる友情以上のものがあったのかもしれない。そのせいか、私の読んでいるテクストに付属している英訳では、voluptas(ここでは「喜び」とした)が desire となっていた。少し、性的な意味が強すぎるような気がする。

 

月収エスプレッソ一杯円

 

気がついたら新型コロナの感染爆発でイタリア全土がロックダウンに突入してから一年が経っていました。はるばるイタリアまで留学しに来たのに、もう一年間一度も大学の教室に足を踏み入れていません。新型コロナはクソです。なお、去年の秋頃、中世・ルネサンス思想史の教授が、「今のパンデミック土星山羊座の位置にある影響だから、12月以降状況は改善していく」などと意味不明な発言をしたのですが、案の定占星術は全くもって当てになりませんでした。

ところで僕はもともと、このブログを使って、ナポリでの留学生活について書きつつ、おまけの広告収入で日々のコーヒー代を稼ぐことを目論んでいました。このブログはイタリアにかぶれているので、ここで言う「コーヒー」とは当然エスプレッソのことを指します。さて、イタリアのバールでは、エスプレッソはだいたい80セントくらいに価格設定されていることが多いです。為替レートにもよりますが、大まかに言って100円くらいですね。なので、食後だったり、散歩中だったり、街なかのあちこちにバールがあるので、ふらっと立ち寄って気軽に一杯飲めるわけです。そして僕も多くのイタリアかぶれのご多分に漏れず、しばしばバールに立ち寄っては一杯やるタイプだったので、このブログであわよくば毎日一杯のエスプレッソ代を稼いでやろうと思っていました。まあ、あまり期待はしていなかったにせよ、一日100円くらいならいけそうな気がしますもんね。

ところがこのブログを開設してから今に至るまでの広告収入をもとに計算したところ、僕の月収はおおよそエスプレッソ一杯分に相当することが判明しました。さらに悪いことに、広告収入が引き出せないのです。僕はイタリア在住者としてGoogleAdsenseに登録しているのですが、試しに今までに得た広告収入を引き出そうとしたら、イタリアの銀行口座番号が必要だということを知りました。僕の銀行口座はドイツの口座番号を割り振られているので、貯まったエスプレッソ代はGoogleAdsenseの管理画面にむなしく表示される数字にしかなりません。イタリアの口座を開くことは不可能ではないけれど、様々な手続きや書類を用意するのもめんどくさいし、毎月の口座維持費もかかって余計な出費が増えるだけなので、すべてを諦めることにしました。実質月収ゼロです。本当にありがとうございました。

年上を敬え

古代ローマの哲学者セネカが残した『生の短さについて』”De brevitate vitae”という書簡がある。大学に入学したてのころだったか、初めて読んで以来ずっと座右の書で、しばしば読み返したり、語学学習にも活用してきた、僕にとっては欠かせない一冊である。というのも、最初は当然日本語で読んだわけだが、語彙を増やすためにイタリア語訳で読んでみたりもしたからだ。文庫でせいぜい数十ページしかないので、あまり気構えずに手に取れるのもよかった。そして今回、ラテン語の学習も兼ねて、原文のラテン語で読むことにしたわけだ。

この本は何度読んでも味わい深い。短い書簡ではあるのだが、決して内容が薄いということはなく、むしろ単語の一つ一つまで頭に刻み込んでおくべきだと言っても過言ではない稀有な書である。2000年前の賢人の言葉が、今日に至るまで時の試練を耐え、失われることなく連綿と受け継がれてきたのは、やはりそこに深い洞察と、よりよく生きるための手がかりがあるからに他ならないだろう。

内容は簡潔に言えば、「人生は浪費すれば短いが、活用すれば偉大なことを成すのに十分なほど長い」、ということである。くだらない飲み会やら、情欲やら、取るに足らない用事やら、長期に渡って実現するかもわからない計画を練ったりすることやら、ともかく無意味なことに時間を浪費するな、とセネカは説く。そして、もっと有益なこと、特に過去の偉人たちの声に耳を傾けることで、精神を修養せよ、と。そうすれば人生は十分に長くなるのだから。

というわけで、僕が気に入っている段落をひとつ、引用してみよう。

Non est itaque quod quemquam propter canos aut rugas putes diu vixisse: non ille diu vixit, sed diu fuit. Quid enim, si illum multum putes navigasse quem saeva tempestas a portu exceptum huc et illuc tulit ac vicibus ventorum ex diverso furentium per eadem spatia in orbem egit? Non ille multum navigavit, sed multum iactatus est.

誰かに白髪やしわがあるからといって、その人が長く生きたと考えてはいけない。長く生きたのではなく、 長く存在したに過ぎないからだ。たとえば、港から出たばかりの船を激しい嵐が襲って、四方から吹き散らす風に押されて、同じところをぐるぐると回ったとしたら、その人は長く航海したと言えるだろうか。それは長く航海したというわけではなく、大いに翻弄されたに過ぎないのだ。

世の中には「年上を敬え」などと威張り散らす”年上”の方々が少なからずいるが、年上であることを理由にふんぞり返るような輩は、「長く存在した」ことしか誇るものがないような輩なのである。年の数が増えれば無条件で尊敬と年の功がついてくると勘違いしたたわけ者に遭遇したら、この言葉を思い出して心の中でマウントを取ろう。